Mac

Macのストレージのシステムの容量が大きすぎるため私がとった改善策【2019年10月版】

先日、MacBook Airを「Catalina 」にアップデートをしようとしたら、ストレージが足りず、アップデートできませんでした。

データはほとんどクラウドで管理しているので、そんなはずはない、と思いながら、ストレージを見てみると、MacBook Airのストレージ128GBのうち、システムだけで「88.95GB」もありました。

MacintoshHDから「システム」のフォルダの情報を見てみると「7.81GB」しかありません。

これはおかしい。

実は、以前の以下の記事で紹介したとおり、同じ症状になったことがあります。

そのときは、結局、初期化をするしかなかったのですが、かなり面倒で、できれば避けたい。

Macのストレージのシステムの容量が大きすぎるため私がとった改善策【2018年11月版】基本、モバイル生活なのでiPhoneさえあれば、最低限、不便はないと思っていました。 しかし、先日、MacBookAir(11インチ)に...

そう思い、いろいろネットで調べてみると、「ターミナル」で容量の大きなフォルダを突き止める方法がいくつか紹介されていましたが、私の場合、うまくいきませんでした。

もう1つの方法として、普段は非表示になっている「ライブラリ」フォルダの中から容量の大きなファイルを特定するというものがありました。

この方法を試してみたところ、解決しましたので、その内容を紹介します。

まず、Finderを開き、optionキーを押しながら「移動」メニューをクリックします。

すると「ライブラリ」フォルダが表示されます。

ライブラリフォルダの一覧から「サイズ」の大きなフォルダをチェックします。

サイズが表示されていない場合は、Finderを「リスト表示」にし、「表示」から「表示オプションを表示」を選び、表示オプションの中から「すべてのサイズを計算」のチェックボックスにチェックを入れれば、フォルダのサイズが表示されます。(表示には少し時間がかかる場合があります。)

私の場合、以下の画像のとおり、50GB以上もあるフォルダが見つかりました。

フォルダ名にあるように、これは「Evernote」です。

Evernoteは2010年から使い続けていますので、かなりの容量を占めていたということです。

仕方なく、EvernoteアプリをMacからアンインストールし、今後はEvernoteのWeb版を使うことにしました。

Evernoteのアンインストールは、無料アプリ「AppCleaner」を使いました。

「AppCleaner」を起動すると以下の画像の画面になりますので、Evernoteアプリをドラッグするだけです。

すると、Evernoteを構成するフォルダが表示されますので「Remove」をクリックすればアンインストールできます。これで約50GBの容量が空きます。

これで無事、macOS「Catalina 」をインストールできました。

結果、Macのストレージを見てみると、システムは、88GBから22GBまで減っていました。

Evernoteが多くを占めていたわけですが、ライブラリフォルダをみるとキャッシュと思われるフォルダが1GBくらいありましたので、次に容量で困ったらここにも手をつけようと思っています。

あと、写真ライブラリには写真がほとんどないのに、写真が12GBとなっている問題は、いまだに解決できません。


以上です。

本記事は参考になりましたか?
もし、少しでも参考になったことがあれば、フォロー&シェアしていただけるとうれしいです!!


また、「1分で読める書評ブログ」も運営していますので、興味があれば、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
小田やかた
小田やかた
二人の子どもを持つ共働きサラリーマンパパ。現在、小学生と保育園児の子育てに奮闘中です。 本ブログは、PhoneとPCでの情報管理、文章作成、タスク管理がメインテーマのブログです。WorkFlowy、 Evernote、たすくまなどのアプリを使って知的生産のある暮らし(新しい価値を生む暮らし)を目指しています。 『アウトライナーのレシピ 〜思考・情報整理・文章作成がはかどる20の使い方〜』と『モブログの極意 〜モブログからモバイル知的生活へ〜』をKDPで出版。
関連記事