Mac

MacとiPhone間の「ユニバーサルクリップボード」が使えなくなり一般的な対処法で直らない場合に試してみた方法

このブログ「いつもていねいに」を書いている小田やかた(プロフィール)です。

先日、Macの「ユニバーサルクリップボード」が使えなくなりました。

「ユニバーサルクリップボード」とは、Apple デバイス上のテキスト、写真、ビデオをコピーした後、別の Apple デバイスにペーストできる機能、すなわちクリップボードをAppleデバイス間で共有する機能です。

macOS Sierra: デバイス間でコピー&ペーストする

時々、私はiPhoneアプリの「たすくま」に長文を入力したいとき、iPhoneで書くのは面倒なので、MacBook Airで書いて、このユニバーサルクリップボードを使って、iPhoneでたすくまにペーストしているのですが、それができなくなってしまいました。

Taskuma --TaskChute for iPhone

3,600円
(2018.06.10時点)
posted with ポチレバ

MacOSを「High Sierra」にアップデートしてから発生したので、アップデートが原因なのかもしれませんが、はっきりした原因はよくわかりません。

Safariの同期もおかしくなっていたので、iCloudのサインアウトとサインインを繰り返したら、こちらは直ったのですが、ユニバーサルクリップボードの不具合は直りませんでした。原因は、iCloudの関係なのか、High Sierraの関係なのか。

原因はよくわかりませんが、とにかくネットで対処法を調べることにしました。

いろいろ調べた結果、以下のサイトが網羅的でわかりやすかったので、以下に引用させていただきますが、多くのサイトはこれらの方法が紹介されていました。

【Mac/iPhone】ユニバーサルクリップボードの設定と使い方 macOS SierraとiOS 10連携技 | 楽しくiPhoneライフ!SBAPP

  • iPhoneとMacのBluetoothを一度オフにして再度オンにする。
  • iPhoneとMacのWi-Fiを一度オフにして再度オンにする。
  • iPhoneとMacでiCloudから一度サインアウトし、再度サインインする。
  • iPhoneとMacを再起動する。
  • Macで「設定」→「iCloud」→「どこでもMy Mac」をオンにする。
  • iPhoneとMacを再起動する。

でも、私の場合、これらの方法では改善されませんでした。

困った挙句、何度もこれらの方法を試みましたがダメです。

半ば諦めかけたとき、次のサイトに出会い対処法のヒントを得ました。

【問題解決】ユニバーサルクリップボードが使えなくなる理由と対処方法[iOS10][macOS Sierra] | りんごの使い方

そのヒントとは、”Bluetoothの接続状態“です。

前述の対処法のとおり、Bluetoothのオンとオフの切り替えは試しましたが、接続そのものをやり直してみました。

すると、改善したのです。

はっきりしたことはよくわかりませんが、iPhoneとMacのBluetoothの接続がおかしかったのが原因だったのだと思います。

自分の中では盲点でした。

ユニバーサルクリップボードの不具合があって、お困りの方がいらっしゃいましたら、一度、Bluetoothのオンオフの切り替えだけでなく、接続自体をやり直してみてください。

この記事は以上です。

もし、少しでも参考になった内容があれば、下の「いいね」ボタンを押してください。励みになります!

小田やかた
小田やかた
このブログの更新情報や、iPhone・iPadを活用した効率的なインプット・アウトプットの方法をツイッターで発信しています。ぜひフォローしてください。

今すぐFollow!
小田やかた を

このブログには、iPhone・iPad・Apple Watch、アプリ、Kindle出版、ブログ運営などに関する記事があります。カテゴリーページや下にある「関連記事」を、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
小田やかた
ブロガー&Kindle作家。二人の子どもを持つ共働き家庭の普通のサラリーマンです。本ブログでは、iPhone、iPad、Apple Watch を駆使し、読書などのインプットとKindle出版やブログ運営などのアウトプットを効率的に行う方法を紹介しています。 (プロフィールの詳細 | ブログのテーマの詳細
関連記事