iPhone

MacとiPhone間の「ユニバーサルクリップボード」が使えなくなり一般的な対処法で直らない場合に試してみた方法

先日、Macの「ユニバーサルクリップボード」が使えなくなりました。

「ユニバーサルクリップボード」とは、Apple デバイス上のテキスト、写真、ビデオをコピーした後、別の Apple デバイスにペーストできる機能、すなわちクリップボードをAppleデバイス間で共有する機能です。

macOS Sierra: デバイス間でコピー&ペーストする

時々、私はiPhoneアプリの「たすくま」に長文を入力したいとき、iPhoneで書くのは面倒なので、MacBook Airで書いて、このユニバーサルクリップボードを使って、iPhoneでたすくまにペーストしているのですが、それができなくなってしまいました。

Taskuma --TaskChute for iPhone

3,600円
(2018.06.10時点)
posted with ポチレバ

MacOSを「High Sierra」にアップデートしてから発生したので、アップデートが原因なのかもしれませんが、はっきりした原因はよくわかりません。

Safariの同期もおかしくなっていたので、iCloudのサインアウトとサインインを繰り返したら、こちらは直ったのですが、ユニバーサルクリップボードの不具合は直りませんでした。原因は、iCloudの関係なのか、High Sierraの関係なのか。

原因はよくわかりませんが、とにかくネットで対処法を調べることにしました。

いろいろ調べた結果、以下のサイトが網羅的でわかりやすかったので、以下に引用させていただきますが、多くのサイトはこれらの方法が紹介されていました。

【Mac/iPhone】ユニバーサルクリップボードの設定と使い方 macOS SierraとiOS 10連携技 | 楽しくiPhoneライフ!SBAPP

  • iPhoneとMacのBluetoothを一度オフにして再度オンにする。
  • iPhoneとMacのWi-Fiを一度オフにして再度オンにする。
  • iPhoneとMacでiCloudから一度サインアウトし、再度サインインする。
  • iPhoneとMacを再起動する。
  • Macで「設定」→「iCloud」→「どこでもMy Mac」をオンにする。
  • iPhoneとMacを再起動する。

でも、私の場合、これらの方法では改善されませんでした。

困った挙句、何度もこれらの方法を試みましたがダメです。

半ば諦めかけたとき、次のサイトに出会い対処法のヒントを得ました。

【問題解決】ユニバーサルクリップボードが使えなくなる理由と対処方法[iOS10][macOS Sierra] | りんごの使い方

そのヒントとは、”Bluetoothの接続状態“です。

前述の対処法のとおり、Bluetoothのオンとオフの切り替えは試しましたが、接続そのものをやり直してみました。

すると、改善したのです。

はっきりしたことはよくわかりませんが、iPhoneとMacのBluetoothの接続がおかしかったのが原因だったのだと思います。

自分の中では盲点でした。

ユニバーサルクリップボードの不具合があって、お困りの方がいらっしゃいましたら、一度、Bluetoothのオンオフの切り替えだけでなく、接続自体をやり直してみてください。


以上です。

本記事は参考になりましたか?
もし、少しでも参考になったことがあれば、フォロー&シェアしていただけるとうれしいです!!


また、「1分で読める書評ブログ」も運営していますので、興味があれば、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
ottaka18
ottaka18
二人の子どもを持つ共働きサラリーマンパパ。現在、小学生と保育園児の子育てに奮闘中です。 本ブログは、PhoneとPCでの情報管理、文章作成、タスク管理がメインテーマのブログです。WorkFlowy、 Evernote、たすくまなどのアプリを使って知的生産のある暮らし(新しい価値を生む暮らし)を目指しています。