知的生産

自分の好きなことを伝えたい想いで伝わるように書く 〜『書くのがしんどい』と『読みたいことを、書けばいい。』を読んで〜

先日、以下の別ブログでも取り上げましたが、『書くのがしんどい』を読みました。

本書のキモは、私なりの解釈では、

書くことには目的があるはずであり、それは相手に何かを「伝える」ということ。であれば、自ずと相手の立場に立って書くことになる。

要するに、書こうとするより「伝えよう」とする意識が大事だ、ということ

です。

さらに印象的だったのが、

もし仮に、140文字のツイッターだけで思いを伝えれるなら、それに越したことはない。読者のことを考えれば、当然、短い文章の方がよいわけで、たくさん文字数があればよいというものではない。ツイッターで伝えれるなら本は書かなくてもよい

という考え方です。

素晴らしい本だなと感銘を受けたのですが、困ったことが起きました。

これまでずっと毎日書いていたブログが書けなくなったのです。

こんなことをブログで伝える価値があるだろうか。

わざわざブログに書かなくてもツイッターでいいのかもしれない。

相手に伝わるように書けているだろうか、うーん、書き直そう、やっぱりやめておこう。

と、こんな感じで筆が進まなくなってしまいました。

困った。

いや、でもそれは、本当に伝えたいものがないのだろう、伝えたい気持ちが大きくなれば書けるはず、と結論づけることにしました。

でも、一向に書けない。

少し書き始めても、伝えようとする文章になっていないのではないか、と削除してしまう。

そんな日が続く中、

ふと、以前読んだ 本のタイトル『読みたいことを、書けばいい。』が頭をよぎりました。

どんな内容だったかEvernoteの読書ノートを開きました。当時、印象に残った引用がありましたので書き出してみます。

「自分が読みたいことを書けば、自分が楽しい」 という原理に気がついた。

本書では、「自分が読みたいものを書く」ことで「自分が楽しくなる」ということを伝えたい。

読み手など想定して書かなくていい。 その文章を最初に読むのは、間違いなく自分だ。自分で読んでおもしろくなければ、書くこと自体が無駄になる。

そうだ。

自分の書きたいことを書くのも大事だ。自分が楽しくなくては意味がない。

これを読んだ当時は、まあ当然といえば当然だよな、と思っていたのですが、『書くのがしんどい』を読んだ後なだけに、この考え方は自分の中で一層際立ちました。

要は、月並みですが、こういうことです。

読者視点で伝えようとする気持ちで書くことことも大事。自分の書きたいことを書いて楽しむことも大事。

このバランスをとりながら、

自分の好きなことを伝えたい想いで伝わるように書くことが大事、ということだと思いました。

そんな想いでこのブログの記事を書いていこうと思います。


以上です。

本記事は参考になりましたか?
もし、少しでも参考になったことがあれば、フォロー&シェアしていただけるとうれしいです!!


また、「1分で読める書評ブログ」も運営していますので、興味があれば、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
小田やかた
小田やかた
二人の子どもを持つ共働きサラリーマンパパ。現在、小学生と保育園児の子育てに奮闘中です。 本ブログは、iPhoneとPCでの情報管理、文章作成、タスク管理がメインテーマのブログです。知的生産のある暮らし(新しい価値を生む暮らし)を目指しています。 著書に『アウトライナーのレシピ 』『モブログの極意 』『Apple Watchで何ができるか』『たすくまの小技40』『Evernoteの小技100』『これで読書ノートが続く!本を探す・読む・活かすを効率的にする「Kindle×Evernote読書術」』がある。
関連記事