知的生産

ブクログとEvernoteとの連携にIFTTTを使わず手動で対応している理由

読書管理は「ブクログ」を使っています。

また、読後にEvernoteで読書ノートを使っています。

読書管理ブクログ - 本棚/読書記録
読書管理ブクログ – 本棚/読書記録
開発元:Booklog,Inc.
無料
posted withアプリーチ
12年間「読書ノート」が続いている私のEvernoteを使った読書ノートの作り方【2019年版】 以前の以下の記事のとおり、2019年1月に「メディアマーカー」のサービスが終了するのに伴い、蔵書管理を「ブクログ」に移行しました。 ...

以前は、読書管理のツールはメディアメーカーというサービスを長い間、使っていたのですが、終了してしまいましたので、「ブクログ」に移行しました。

IT知識が乏しい私でもできた「メディアマーカー」から「ブクログ」への約700件のデータ移行先日、2019年1月にWeb上での蔵書管理サービス「メディアマーカー」がサービスを終了するとのアナウンスがありました。 私は、メディア...

メディアメーカーはEvernoteとの連携が秀逸で、本を登録するとEvernoteに本の表紙の画像と著者などの情報が入ったノートを自動で作ってくれるので、読書ノートをEvernoteで作っている自分としては大変便利でした。

「ブクログ」には、残念ながらEvernoteとの連携機能はありません。

ただ、「IFTTT」を利用すれば、ブクログに本を登録したら自動的にEvernoteにノートを作ることはできます。本のタイトルがノート名になり、本の表紙の画像とブクログへのリンクが張られたノートです。

次のサイトが参考になると思います。

IFTTT
IFTTT
開発元:IFTTT
無料
posted withアプリーチ

作られるノートは、以下の画像のとおりです。

これはこれでシンプルでいいのですが、私は、しばらく使って、今は使っていません。

理由は2つあります。

1つは、Evernote(iPhoneアプリ)のノート一覧に本の画像が表示されないからです。

Evernoteは、ノート内に画像があると、基本的にはノートを一覧で見たとき画像が表示されるのですが、なぜか表示されません。

別にノート一覧に本の画像が表示されていなくても問題ないと言えばないのですが、ずらっと一覧で見たとき、画像があった方が見返す意欲が高まります。

もつ1つの理由は、ブクログに本を登録してもすぐにEvernoteに送られるわけではないからです。

それほど時間がかかるわけではないのですが、すぐにEvernoteのノートに書き込みたいことがよくあるため、ちょっと不便を感じます。

では、どうしているかというと、ブクログに本を登録するのに合わせて、Amazonのページから本の画像をコピーして、Evernoteのノートにペーストしています。

パソコンであれば、Amazonの本の表示で右クリックして画像を保存、iPhoneであれば、長押ししてコピーをタップしEvernoteにペーストすればすぐにできます。

原始的な方法ですが、今はこの方法が1番しっくりきています。

本当は、ブクログにEvernoteとの連携機能があり、自動で本のタイトルや著者名、出版社などの情報がEvernoteのノートに作られ、ノート一覧にも表示される本の画像も付与してくれるとベストなのですが•••。今後のアップデートに期待します。


以上です。

本記事は参考になりましたか?
もし、少しでも参考になったことがあれば、フォロー&シェアしていただけるとうれしいです!!


また、「1分で読める書評ブログ」も運営していますので、興味があれば、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
小田やかた
小田やかた
二人の子どもを持つ共働きサラリーマンパパ。現在、小学生と保育園児の子育てに奮闘中です。 本ブログは、iPhoneとPCでの情報管理、文章作成、タスク管理がメインテーマのブログです。知的生産のある暮らし(新しい価値を生む暮らし)を目指しています。 『アウトライナーのレシピ 〜思考・情報整理・文章作成がはかどる20の使い方〜』、『モブログの極意 〜モブログからモバイル知的生活へ〜』、『Apple Watchで何ができるか〜Apple Watchユーザーの起床から就寝までの実際の使い方を徹底公開〜』を出版。
関連記事