その他のアプリ

紙の本の読書ノート作りに便利なアプリ「一太郎Pad」〜本に線が引いてあっても文字認識できる!〜

このブログ「いつもていねいに」を書いている小田やかたです。
プロフィール @ottaka18

先日、以下の記事で「一太郎Pad」というアプリを知りました。

一太郎Pad
一太郎Pad
開発元:JUSTSYSTEMS CORPORATION
無料
posted withアプリーチ

記事では、このアプリは、写真からの文字認識の精度が素晴らしく、紙の本のメモを取りたいときに最強に役立つと紹介されていました。

確かに試してみたら、そのとおりでした。

さらに、これまで紙の本の読書ノートを作るために数々のスキャナアプリや文字認識アプリを試してきた私からすると、「一太郎Pad」は他のアプリにはない強く特筆すべき点があると思いました。

これができるから私は「一太郎Pad」を使おうと決めました。

それは何かというと、

本に線が引いてあっても文字に丸がつけてあっても文字認識できる

という点です。

例えば、以下の画像とおり、線を引いている本のページを「一太郎Pad」で撮ります。(本は『子どもへのまなざし』という本です。)

すると、すぐに以下の画像のとおり、文字認識(テキスト化)してくれます。

ほぼ完璧な精度です。

驚いたのは、「お手本」というキーワードに丸をつけていますが、まったく問題なく文字認識できています。

私がこれまで試してきた様々なアプリは、文章に線が引いてあると、もっと具体的に言えば、縦書きの本であれば縦線、横書きの本であれば横線(下線)が引いてあると、正しく文字を認識してくれませんでした。丸をつけた文字も同様です。

私は、本は線を引いたりキーワードに丸をつけたりしながら読むため、これらのアプリは文章を抜き書きして読書ノートを作るにはほとんど役に立たなかったのです。

ということで、本に線を引きながら読み、読書ノートを作る人にとっては、「一太郎Pad」はオススメのアプリだと思います。(無料で使う利用できます)

一太郎Pad
一太郎Pad
開発元:JUSTSYSTEMS CORPORATION
無料
posted withアプリーチ
発売!『これで読書ノートが続く!本を探す・読む・活かすを効率的にする「Kindle×Evernote読書術」』 このたび KDP(Amazon Kindle ダイレクト・パブリッシング)で『これで読書ノートが続く!本を探す・読む・活かすを効率的に...

この記事は以上です。

もし、少しでも参考になった内容があれば、下の「いいね」ボタンを押してください。励みになります!

小田やかた
小田やかた
このブログの更新情報や、iPhone・iPadを活用した効率的なインプット・アウトプットの方法をツイッターで発信しています。ぜひフォローしてください。

今すぐFollow!

小田やかた を

このブログには、iPhone・iPad・Apple Watch、アプリ、Kindle出版、ブログ運営などに関する記事があります。カテゴリーページや下にある「関連記事」を、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
小田やかた
ブロガー&Kindle作家。二人の子どもを持つ共働きサラリーマンです。(プロフィールの詳細)iPhone・iPadアプリを活用した効率的なインプットとアウトプットの方法を発信しています。
関連記事