インプットとアウトプットの仕組み・コツ

MemoFlowyやTexteverなどiPhoneでメモ環境をどんなに整えても「メモ習慣」がなければ意味がない

このブログ「いつもていねいに」を書いている小田やかたです。
プロフィール @ottaka18

以前の記事でも書いたとおり、ブログのネタやアイデアのメモなど、その後の発展性があるメモは「MemoFlowy」を使ってWorkFlowyにメモし、今後の発展性のない備忘録のようなメモは「Textever」を使ってEvernoteに保存しています。

参考  WorkFlowyとEvernoteへ同時にメモを送信したい〜MemoFlowyとEvernote送信アプリの融合を夢見る〜 – いつもていねいに

最近の「MemoFlowy」のアップデートにより、「MemoFlowy」も「Textever」や「Fastever」「WriteNote」などのEvernote送信アプリと同じように瞬時にメモしWorkFlowyへ送信することができるようになりました。

これで、MemoFlowyもTexteverもどちらのアプリでも瞬時にメモしWorkFlowyやEvernoteに送信することができます。

私は、このアプリをiPhoneの1画面目に置き、ほぼすべてのメモはこの2つのアプリで完結しています。そして、このメモ環境を概ね気に入っています。(MemoFlowyにメモした内容を、内容によってEvernoteにも送信できるようになることを夢見ています•••ので、概ね、という言い方にとどまっていますが。)

MemoFlowy

無料
(2018.06.09時点)
posted with ポチレバ

これで、自分にとっての最適なメモ環境は整った、と思えるほどなのですが、ふと、大事なことを忘れてはいけないな、と、改めて思いました。

どんなに素晴らしいメモ環境を整えても、ちょっとしたことでもメモする意識がなければ意味がない、と。

もちろんメモしやすい環境というのも大事ですが、それと同じくらい、頭に浮かんだことをちょっとした内容であっても言語化する、という意識、メモをする習慣「メモ習慣」が大事ということです。

そうでないと、仕組みを整えただけで実のないものになってしまいます。

これらのメモツールを生かすには、日々の暮らしの中で些細なことでもメモをする、という意識と習慣が根底になくてはいけません。

MemoFlowyを使っていたら、そんなことを改めて思いました。

この記事は以上です。

もし、少しでも参考になった内容があれば、下の「いいね」ボタンを押してください。励みになります!

小田やかた
小田やかた
このブログの更新情報や、iPhone・iPadを活用した効率的なインプット・アウトプットの方法をツイッターで発信しています。ぜひフォローしてください。

今すぐFollow!

小田やかた を

このブログには、iPhone・iPad・Apple Watch、アプリ、Kindle出版、ブログ運営などに関する記事があります。カテゴリーページや下にある「関連記事」を、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
小田やかた
ブロガー&Kindle作家。二人の子どもを持つ共働きサラリーマンです。(プロフィールの詳細)iPhone・iPadアプリを活用した効率的なインプットとアウトプットの方法を発信しています。
関連記事