出版情報

発売!『文章を書くのが苦手!が克服できた「箇条書き文章法」』

このたび KDP(Amazon Kindle ダイレクト・パブリッシング)で『文章を書くのが苦手!が克服できた「箇条書き文章法」』を出版しました。

  • 文章を書くのが苦手だ
  • 文章を書くのがストレスだ
  • 文章を書くことに対して劣等感がある

本書はそのような文章を書くことに対してネガティブな感情を抱いている方に向けた本です。

私は文章のプロではありません。

だから、本書を読めば文章が上手くなりますよ、と偉そうに言える本ではありません。文章術を網羅した本でもありません。

本書は、

  • 文章を書くことに対する苦手意識を克服できる本
  • 文章を書くことが苦ではなくなる本
です。

私は、小学生の頃からつい数年まで文章を書くのが苦手でした。だから、文章を書くことに苦手意識を持っている方の気持ちがよくわかります。

また、文章を書くことに対する苦手意識だけではなく、劣等感やコンプレックス、ストレスを抱え、随分、苦しんだことがありますので、文章を書くことが苦である人の気持ちもわかります。

そんな私だからこそ、こういった方たちに役立てていただけるシンプルな文章法である「箇条書き文章法」を本書の中で提示することができたと思っています。

この方法を意識的に取り入れたことで、私は文章を書くことに対する苦手意識を克服し、劣等感やストレスからも逃れることができました。今では、文章を書くのが苦だった私が、日常的に文章を書き、このブログを更新し続けています。また、KDP本の原稿を書き続け、本書も含め8冊出版することができました。

ぜひ、私と同じように文章を書くことに苦手意識を感じてる方やストレスに感じている方に本書を読んでいただきたいと思っています。

この「箇条書き文章法」を意識的に取り入れれば、きっと、文章を書くことに対する苦手意識は克服できる。そして、書くことが苦ではなくなるはず。そう思って、本書を世に送り出しました。

本書が、文章を書くのが苦手な方や書くことにストレスを感じている方の少しでも助けになることを願っています。

本書の目次は次のとおりです。

目次をご覧になって少しでも興味のある内容がありましたら、ぜひ、手に取ってみてください。

■第1章 文章は伝えるための手段

1 文章は相手あってのもの

2 文章を書くことは手段に過ぎない

3 子どもの作文を読んでハッとさせられたこと

4 上手な文章よりも相手に伝える文章を書く

5 書きながら考えてもいい

■第2章 文章を書くのが苦でなくなる「箇条書き文章法」

1 箇条書き文章法とは

2 箇条書き文章法① 伝えたいテーマを明確にする

3 箇条書き文章法② 伝えたいメッセージを箇条書きで並べる

4 箇条書き文章法③ 「読解フローチャート」にして並び替える

5 箇条書き文章法④ 「読解の歩幅」を意識して箇条書き同士をつなぐ

6 箇条書き文章法⑤ 「箇条書き推敲」を繰り返す

7 箇条書き文章法の効果

■第3章「伝える文章」から「伝わる文章」へ

1 伝えたいテーマのない着飾った文章になっていないか

2 箇条書き文章法を一歩先に進める

3 伝える「何か」を明確にして「伝わる」文章を書く

◎Column「箇条書き文章法」に出会うまで

▶︎▶︎参考 これまでの著書

以上です。

本記事は参考になりましたか?
もし、少しでも参考になったことがあれば、フォロー&シェアしていただけるとうれしいです!!


また、「1分で読める書評ブログ」も運営していますので、興味があれば、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
小田やかた
二人の子どもを持つ共働き家庭のサラリーマンパパ。現在、小学生と中学生の子育てに奮闘中。 本ブログは、「デジタルツールを活用したライフハックと知的生産のある暮らしを追究するブログ」です。iPhone、iPad、Apple Watchなどのデバイスや、WorkFlowyEvernoteUlyssesTaskuma(たすくま)Draftsなどのアプリに関する記事が多めです。
関連記事