Scrivener

KDPで出版するための「Scrivener」の始め方【PC編】〜書式設定〜

私は、これまで、KDP(Amazon Kindle ダイレクト・パブリッシング)で2冊電子書籍を出版しましたが、2冊目の『モブログの極意 〜モブログからモバイル知的生活へ〜』を出版したときにMac版とiOS版の「Scrivener」を活用しました。

Scrivener 3

5,400円
(2019.04.25時点)
posted with ポチレバ
Scrivener

2,400円
(2019.04.25時点)
posted with ポチレバ

 

Scrivenerは、大変多機能で、長文を書く上では、大変便利ではあるのですが、直感的に操作がわかりづらい点もあります。

よって、本ブログでは、KDPで電子書籍を出版するために必要最小限の機能を使ったScrivenerの使い方を記事にしています。

本記事では、ScrivenerのMac版の書式の設定を解説します。

書式設定はここから設定します。

Scrivenerのメニューの「プロジェクト」>「プロジェクト設定」

書式設定1

左のメニューから「書式設定」を選び「異なるデフォルト書式設定をこのプロジェクトの新しいドキュメントに使用」にチェックを入れます。

あとは、フォントや行間など、お好みで設定してください。下の画像の矢印のところをクリックすると次の画像のとおりフォントが設定できます。

書式設定2 書式設定3

実は、「環境設定」の中の「編集中」の中にも「書式設定」という項目があるのですが、ここで書式を設定しても反映されず、上記の方法で設定したら設定どおりの書式が反映されました。

ちなみに、ここでの書式設定は、KDPで出版したときに反映される書式設定ではなく、あくまで、Scrivener内の書式設定です。

本記事では、ここまでです。

他にも本ブログではScrivenerの使い方を掲載していますので、ぜひ、本ブログのカテゴリー「Scrivenerのページ」を参照してください。

また、KDPの出版の方法は以前の以下の記事を参考にしてください。

ブログ記事を元原稿にした「はじめてのKDP(Amazon Kindle ダイレクト・パブリッシング)」の手順を大公開【前編】前回の記事で紹介したとおり、先日、KDP(Amazon Kindle ダイレクト・パブリッシング )で電子書籍を出版しました。 http...
ブログ記事を元原稿にした「はじめてのKDP(Amazon Kindle ダイレクト・パブリッシング)」の手順を大公開【後編】前回の記事(前編)では、以下の内容をご紹介しました。 https://teineini.net/20181031-kdp-1/?p=5...

以上です。

本記事は参考になりましたか?
もし、少しでも参考になったことがあれば、フォロー&シェアしていただけるとうれしいです!!


また、「1分で読める書評ブログ」も運営していますので、興味があれば、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
小田やかた
小田やかた
二人の子どもを持つ共働きサラリーマンパパ。現在、小学生と保育園児の子育てに奮闘中です。 本ブログは、PhoneとPCでの情報管理、文章作成、タスク管理がメインテーマのブログです。WorkFlowy、 Evernote、たすくまなどのアプリを使って知的生産のある暮らし(新しい価値を生む暮らし)を目指しています。 『アウトライナーのレシピ 〜思考・情報整理・文章作成がはかどる20の使い方〜』と『モブログの極意 〜モブログからモバイル知的生活へ〜』をKDPで出版。
関連記事