ブログ執筆ツール

ちきりんさんのツイートでブログの本質を改めて考えさせられた

先日、ちきりんさん (@InsideCHIKIRIN) の以下の一連のツイートを見て、改めてブログを書く姿勢を考えさせられました。

ブログとは、文章とは、何か伝えたいことがあって、それを伝えるために書くものだ」ということです。当たり前ですが、忘れがちで、とても重要なこと。

 

 

そんなことを思っていたら、本ブログの過去の記事でも同趣旨のことを書いていたことを思い出しました。

私がWorkFlowyでブログを書き始める前に必ずしている大切なこと ブログを書いていると、途中で何が言いたいのかわからなくなってきたり、伝えたいことを盛り込みすぎて長文になったり、気づいたら話が脱...

記事では、私はブログの記事を書く前に、記事の仮タイトルの下に「一番伝えたいこと」と「読んでほしい読者のイメージ」を書いている、と紹介しました。

それが記事を書いているときに邪魔であれば、私がブログの下書きに使っているアウトライナーの「WorkFlowy 」は、書いた行(トピック)を非表示にできるので、非表示にしています。

ただ、記事を公開する前には、必ず表示させ、ここに書いたことを見直すことで、趣旨が明確な読みやすい記事になります。また、脱線の防止や推敲の指針にもなる、と記事では書きました。

ちきりんさんのツイートを見て改めて思い出し、最近、できていなかったのですが、ここはブログを書く肝となるところだと再認識したので、これを再開することにしました。

ちなみに、ちきりんさんの一連のツイートの中で本のレビューについてもいろいろ考えさせられるものがありました。

 


以上です。

本記事は参考になりましたか?
もし、少しでも参考になったことがあれば、フォロー&シェアしていただけるとうれしいです!!


また、「1分で読める書評ブログ」も運営していますので、興味があれば、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
小田やかた
ブロガー&Kindle作家。二人の子どもを持つ共働き家庭の普通のサラリーマンです。(プロフィールの詳細)本ブログでは、iPhone、iPad、Apple Watch やアプリを駆使し、読書などのインプットとKindle出版やブログ運営などのアウトプットを効率的に行う方法を紹介しています。(ブログのテーマの詳細
関連記事