Evernote

Evernoteの日記とTaskuma(たすくま)に1時間ごとの天気と気温の推移を保存する方法

これまで本ブログで散々書いてきましたが、私はEvernoteに過去10年以上の日記が入っています。

あわせて読みたい
10年以上日記が続いている私が断言する「Evernote」「Taskuma(たすくま)」「CalEver (NotesViewer)」を使えば誰でも継続的に日記が書ける 2005年から日記を書いています。そのときは紙の手帳に書いていましたが、2010年からは、毎日、iPhoneで書くように...

毎日、今日と同じ日の1年前、2年前、3年前…と過去の日記をざっと読み返しています。

あわせて読みたい
Evernoteで「1年前の今日、1年前の週末、1年前の行事」の日記を簡単に読み返す方法約6年間の日記がEvernoteに保存してあります。紙ベースの日記をスキャンしたデータを含めると10年間以上の日記がEvernoteの中...

そのとき、その日の天気や気温がわかると便利だと思い、約1年前からiPhoneアプリ「そら案内」で天気を確認するついでに、Evernoteにも保存することとしました。正確にいうとTaskuma(たすくま)に保存し、Taskuma(たすくま)のデータをEvernoteに保存し日記としています。

あわせて読みたい
たすくまとEvernoteを使った「"行動"と"心の動き"」日記前回の記事で書いたとおり、Evernoteには2005年11月からの日記が保存されています。 Evernoteで日記を6年以上書いて思...

そら案内

無料
(2018.04.28時点)
posted with ポチレバ

この「そら案内」はEvernoteと連携することができ画面に表示された天気などの情報を簡単に保存することができます。

また、Evernote以外にもTaskuma(たすくま)などのアプリにも保存することができます。

あわせて読みたい
Evernoteと連携できる天気アプリ「そら案内」を使ってEvernoteの日記に天気・気温の情報を入れる方法これまで日記は、さまざまなツールで書いていましたが、最終的にはEvernoteに保存をしています。紙のデータをスキャンしたものを含めれば...

で、最近、1年前の日記を読み返したときに、この「そら案内」の天気の情報が保存されていたわけですが、1時間ごとの天気と気温の推移がわかると今年との比較で服装などの参考になって便利なのに、と思い始めました。

というのは、「そら案内」をEvernoteやTaskuma(たすくま)に保存すると、基本的には以下の画像のとおり3時間ごとの天気と気温の推移が保存されます。

1時間ごとの推移を保存するにはどうしたらよいか。

この「そら案内」は、3時間ごとの推移の画面を長押しすると、別画面が表示され、1時間ごとの推移がスクロールで表示されます。が、これを保存することができません。

何か方法はないものか。

簡単でした。

iPhoneを横向きにすればよいのです。

横向きにすると1時間ごとの推移の画面になります。

この画面のまま(横向きにしたまま)以下のとおり操作をすれば1時間ごとの天気と気温の推移の画面をEvernoteやTaskuma(たすくま)に保存することができます。

▼右上のメニューから「投稿する」を選択

▼「スクリーンショット」を選択

▼「Taskuma(たすくま)」に保存する場合は、右下のメニューボタンを押し、「Taskumaにコピー」を選択。Evernoteに保存する場合は右上の「送信」ボタンをタップ。

ただし、Evernoteに保存する場合はあらかじめ以下の設定が必要です。(要拡張パック)

▼右上のメニューから「その他の設定」

▼「投稿設定」をタップ

▼Evernoteを有効にするをオンにする。

ニーズがそれほど多いとは思いませんが、「そら案内」を使っている方で、1時間ごとの天気の情報を保存したいと思った方、ぜひお試しください。

ちなみに、この「そら案内」はカレンダー連携の機能があり、Googleカレンダーなどに天気を表示させることもできます。

そら案内

無料
(2018.04.28時点)
posted with ポチレバ

以上です。

本記事は参考になりましたか?
もし、少しでも参考になったことがあれば、フォロー&シェアしていただけるとうれしいです!!


ABOUT ME
ottaka18
ottaka18
二人の子どもを持つ共働きサラリーマンパパ。現在、小学生と保育園児の子育てに奮闘中です。 本ブログは、PhoneとPCでの情報管理、文章作成、タスク管理がメインテーマのブログです。WorkFlowy、 Evernote、たすくまなどのアプリを使って知的生産のある暮らし(新しい価値を生む暮らし)を目指しています。