子育て雑記

小学校1年生が書いたサンタクロースへの手紙とは

先日、小学校1年生の息子を学童まで迎えにいったときのことです。

部屋の壁に子どもたちが書いたサンタクロースへの手紙がずらっと貼ってありました。

  • 妖怪ウオッチのゲームをください
  • ニンテンドーDSをください

ふむふむ、やはり今の子たちはゲームか、と、思いながら見ていると、他の子どもたちが書いた手紙にも、いろいろほしいものがたくさん書いてありました。

さて、自分の息子が書いた手紙はどこかな。

ありました。

サンタさんへ
  いつも応援しているよ

うーん。

ちょっと感動してしまいました。

多くの子が、「○○をください」と自分のほしいものをお願いしているのに、息子はサンタクロースへの応援とは。

ウチは、よく息子に「いろいろ大変なことがあるかもしれないけど、何があってもあなたを応援しているからね」と伝えています。

それが関係しているのでしょうか。

息子には、なぜ、こういう手紙を書いたかは聞いていません。

きっと、サンタクロースがたくさんの子どもたちにプレゼントを届けなければいけない大変さを想像することができたのでしょう。

そうやって相手の気持ちを考えることができ、それをこういった手紙として言葉で表現できたことをうれしく思います。


以上です。

本記事は参考になりましたか?
もし、少しでも参考になったことがあれば、フォロー&シェアしていただけるとうれしいです!!


また、「1分で読める書評ブログ」も運営していますので、興味があれば、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
ottaka18
ottaka18
二人の子どもを持つ共働きサラリーマンパパ。現在、小学生と保育園児の子育てに奮闘中です。 本ブログは、PhoneとPCでの情報管理、文章作成、タスク管理がメインテーマのブログです。WorkFlowy、 Evernote、たすくまなどのアプリを使って知的生産のある暮らし(新しい価値を生む暮らし)を目指しています。