子育ての考え方

小学校1年生が書いたサンタクロースへの手紙とは

このブログ「いつもていねいに」を書いている小田やかたです。
プロフィール @ottaka18

先日、小学校1年生の息子を学童まで迎えにいったときのことです。

部屋の壁に子どもたちが書いたサンタクロースへの手紙がずらっと貼ってありました。

  • 妖怪ウオッチのゲームをください
  • ニンテンドーDSをください

ふむふむ、やはり今の子たちはゲームか、と、思いながら見ていると、他の子どもたちが書いた手紙にも、いろいろほしいものがたくさん書いてありました。

さて、自分の息子が書いた手紙はどこかな。

ありました。

サンタさんへ
いつも応援しているよ

うーん。

ちょっと感動してしまいました。

多くの子が、「○○をください」と自分のほしいものをお願いしているのに、息子はサンタクロースへの応援とは。

ウチは、よく息子に「いろいろ大変なことがあるかもしれないけど、何があってもあなたを応援しているからね」と伝えています。

それが関係しているのでしょうか。

息子には、なぜ、こういう手紙を書いたかは聞いていません。

きっと、サンタクロースがたくさんの子どもたちにプレゼントを届けなければいけない大変さを想像することができたのでしょう。

そうやって相手の気持ちを考えることができ、それをこういった手紙として言葉で表現できたことをうれしく思います。

この記事は以上です。

もし、少しでも参考になった内容があれば、下の「いいね」ボタンを押してください。励みになります!

小田やかた
小田やかた
このブログの更新情報や、iPhone・iPadを活用した効率的なインプット・アウトプットの方法をツイッターで発信しています。ぜひフォローしてください。

今すぐFollow!

小田やかた を

このブログには、iPhone・iPad・Apple Watch、アプリ、Kindle出版、ブログ運営などに関する記事があります。カテゴリーページや下にある「関連記事」を、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
小田やかた
ブロガー&Kindle作家。二人の子どもを持つ共働きサラリーマンです。(プロフィールの詳細)iPhone・iPadアプリを活用した効率的なインプットとアウトプットの方法を発信しています。
関連記事