Scrapbox

iPadでScrapboxが使いづらいと思ったら「JSBox」を導入すれば解決する

このブログ「いつもていねいに」を書いている 小田やかた です。
プロフィール @ottaka18

本記事では、iPadでScrapboxが使いづらいと感じている方に解決方法を紹介します。

1 iPadでのScrapboxの使いづらさ

Scrapboxはアプリがありません。

iPadの外付けキーワードでScrapboxを使う場合、ブラウザで使うことになるわけですが、以下の使いづらさがあります。

  • テキストを入力するとき、画面を長押ししなければいけない
  • キーボードのショートカットキーが使えない
  • テキストを選択して表示されるポップアップメニューの内容が限定される

iPhoneであれば、ブラウザではなくiOSアプリ「Porter」を使えば、この使いづらさはありませんが、残念ながらiPad版はありません。(小さい画面で使うことはできます)

Porter for Scrapbox

Porter for Scrapbox

shunsuke senoo無料posted withアプリーチ

2 JSBoxの導入方法

「JSBox」というアプリを導入すれば、前述のiPadでのScrapboxの使いづらさは解決します。

「iPadでScrapboxが使いにくい!」と感じている方は、ぜひ、導入を検討してみてください。

小田やかた
小田やかた
JSBoxは、サブスクリプションです。ただ、年額850円、月額換算すれば月70円なので、ちょっとでもiPadでScrapboxを使うなら十分に元がとれる金額だと思います。

では、JSBoxの導入方法を紹介します。

JSBoxは、JavaScriptでアプリが作れる開発ツールです。

開発ツールと聞くと難しく聞こえるかもしれませんが、Scrapboxを便利に使えるよう有志の方がJavaScriptのコードを公開してくださっているので、それをJSBoxにインストールするだけで使えます。

内容は以下のページのとおりです。

iPadと外部キーボードで編集できるScrapboxのブラウザ – Scrapboxカスタマイズコレクション

上記には導入の手順は記されていませんので、以下で解説します。iPadでの手順です。

①JSBoxをインストール

JSBoxをインストールします。

何度も言いますが、年額850円のサブスクリプションです。(本記事執筆時点)月額ではありません。

JSBox - Learn to Code

JSBox – Learn to Code

YING ZHONG無料posted withアプリーチ

②スクリプトをインストール

以下のリンクをタップしてスクリプトをインストールします。

https://tinyurl.com/wh3lna4

リンクをタップすると以下の画面になりますので、「開く」をタップします。

③ 「Learn More」をタップ

以下の画像のとおり、無料プランではインストールできないというメッセージが表示されますので「Learn More」をタップします。

④課金する

以下の画面になりますので、「Subscribe-¥850/year」をタップして課金します。

⑤「開く」をタップ

再び先ほどと同様の画面が表示されますので、「開く」をタップします。

⑥「import untrused script」をタップ

以下の画像になりますので、「import untrused script」をタップします。

⑦ 「Scrapbox200220」をタップ

以下の画像のとおり、「Scrapbox200220」がイントールされましたので、「Scrapbox200220」の「▶︎」の部分をタップします。

すると、Scrapboxのログイン画面になりますので、ログインすると、Scrapboxが使えます。

今後は、JSBoxを起動してScrapboxを使えば、前述の使いづらさは解消します。

なお、Scrapboxで画像を扱うなら、以下の画像のとおり、右下のメニューからGyazoにログインしておきましょう。

3 唯一の課題はサジェスト機能が使えないこと

これで、冒頭で説明した以下の使いづらさは、すべて解決したはずです。

  • テキストを入力するとき、画面を長押ししなければいけない
  • キーボードのショートカットキーが使えない
  • テキストを選択して表示されるポップアップメニューの内容が限定される

本記事の公開時点では、以下のとおり、サジェスト機能が使えませんでしたが、2022/03/29現在、サジェスト機能は使えるようになっています。

ただ、ブラウザでのScrapboxで使えて、JSBoxのScrapboxでは使えない、重要な機能があります。

サジェスト機能です。

サジェスト機能とは、例えば、ブラケット([])で囲んでキーワードを入力すると、候補となるノート名が表示される機能です。残念ながらこれが使えなくなります。

また、検索のとき、検索バーにキーワードを入力すると、候補として複数のノートタイトルが表示されますが、これも使えなくなります。

私としては、ここが改善されれば、JSBoxは、ScrapboxをiPadで使う場合には最高のアプリなのですが、残念ながら、サジェスト機能は使えません。

4 まとめ

本記事のまとめです。

  • iPadの外付けキキーボードでScrapboxが使いづらい場合は「JSBox」(年額850円)を導入するとよい。
  • テキスト入力時の画面の長押しが不要になり、キーボードショートカットキーが使える。また、テキストを選択して表示されるポップアップメニューの内容はパソコンと同様になる。
  • ただし、サジェスト機能は使えない。(2022/03/29時点、使えるようになっています)

サジェスト機能が使えないのは厳しいですが、私は、iPadでScrapboxを使うときは、基本は「JSBox」を使い、サジェスト機能を使いたいときはブラウザでScrapboxを使ったり、小さい画面でPorterを使っています。

JSBox - Learn to Code

JSBox – Learn to Code

YING ZHONG無料posted withアプリーチ

この記事は以上です。

もし、少しでも参考になった内容があれば、下の「いいね」ボタンを押してください。励みになります!

小田やかた
小田やかた
このブログの更新情報や、iPhone・iPadを活用した効率的なインプット・アウトプットの方法をツイッターで発信しています。ぜひフォローしてください。

今すぐFollow!

小田やかた を

このブログには、iPhone・iPad・Apple Watch、アプリ、Kindle出版、ブログ運営などに関する記事があります。カテゴリーページや下にある「関連記事」を、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
小田やかた
ブロガー&Kindle作家。二人の子どもを持つ共働きサラリーマンです。(プロフィールの詳細)iPhone・iPadアプリを活用した効率的なインプットとアウトプットの方法を発信しています。
関連記事