読書レビューと書籍紹介

KindleUnlimitedで気になった本を紹介【2020年8月】

これまでKindleの読み放題サービスKindleUnlimited は、読みたい本が KindleUnlimited の対象だったときだけ契約して、読み終えたら解約していましたが、今後は、試行的に継続して契約することにしました。

というのは、買ってまでは読もうとは思わないがちょっと気になる本を読む機会にし、少しずつ自分の興味・関心の幅を意図的に拡げていきたいと思ったからです。仮に面白くない本だったらKindleUnlimitedであれば、読むのをやめるのは心理的に抵抗がないですし、気持ち的に流し読みがしやすいという利点があります。

ということで、先月に続き、KindleUnlimitedの対象本のうち、気になった本や実際にダウンロードして読み始める予定の本を紹介します。なお、本記事の執筆時点でKindleUnlimited対象の本となりますので、ご了承ください。

何度も繰り返し読んだベストセラー『思考の整理学』の著者のモノの見方となれば気にならないわけがありません。これがKindleUnlimitedで読めるのはありがたい。

「戦略思考」「論理思考」「分析思考」「クリティカル・シンキング」などの思考法が学べる1冊。いくつか思考の枠組みを持っていると大きな強みになります。

こちらも「考える」がテーマの本。雑多な情報から「本当に大事な要素」を抽出し、「要素間の関係」を図にする「因果関係マップ」をもとに「できるだけ短い時間で、深い思考をする能力」が鍛えられる、と紹介されています。

そもそも「考える」とはどういうことなのか。そこに向き合いたいと思い選んだ本が本書。

以上、今月は4冊です。

今月は「考える」をテーマに選んでみました。

KindleUnlimitedであれば読書の幅が広がるのは間違いなしです。

でも、読書を楽しむのを忘れずに!

読書は楽しむもの 読書は楽しむもの。 それが私の基本スタンスです。 先日、以下の本を出版したため、拙著を読んでいただいた方にはそう思われ...

また、読書後は読書ノートを作るのがオススメです。

この機にKindleUnlimitedを始められる方は、いつでも解除できますので、ぜひ試してみてください!


本記事で紹介した他のKindle Unlimited対象本の記事は、こちらのリンクからご覧ください。 KindleUnlimited対象本のオススメ

以上です。

本記事は参考になりましたか?
もし、少しでも参考になったことがあれば、フォロー&シェアしていただけるとうれしいです!!


また、「1分で読める書評ブログ」も運営していますので、興味があれば、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
小田やかた
小田やかた
二人の子どもを持つ共働きサラリーマンパパ。現在、小学生と保育園児の子育てに奮闘中です。 本ブログは、iPhoneとPCでの情報管理、文章作成、タスク管理がメインテーマのブログです。知的生産のある暮らし(新しい価値を生む暮らし)を目指しています。 『アウトライナーのレシピ 〜思考・情報整理・文章作成がはかどる20の使い方〜』、『モブログの極意 〜モブログからモバイル知的生活へ〜』、『Apple Watchで何ができるか〜Apple Watchユーザーの起床から就寝までの実際の使い方を徹底公開〜』を出版。
関連記事