絵本/児童書

1歳半から2歳にオススメ絵本「たまごのえほん」

先日、絵本専門店に行き、1歳8ヶ月の娘が初めて自分で絵本を選ぶ機会を作りました。

結果、初めて自分で選んだ絵本はこれです。

しかけ絵本です。卵の絵がめくれるようになっていて、卵の中にはヘビやヒヨコ、ライオン、恐竜などの赤ちゃんの絵が書いてあります。

ばりばり、ピリピリなど、卵を割る擬音語や、ヘビやヒヨコ、ライオンのにょろにょろ、ぴよぴよ、ガオーいった擬音語がたくさん出てくるので、娘はすぐに「ガオー」と言って真似をするようになりました。

卵をめくると出てくる、ヘビやヒヨコやライオンなどの絵を見て、「オーっ」と声をあげて、盛り上がったりもします。

自分で選んだということもありますが、1歳8ヶ月の子どもウケは上々です。

読み聞かせしていると、擬音語が心地よく、絵が可愛らしいので、親も楽しい気持ちになってくる絵本です。

卵をめくる簡単なしかけ絵本なので、ページを破らなくなる1歳半から2歳頃にオススメな絵本です。


以上です。

本記事は参考になりましたか?
もし、少しでも参考になったことがあれば、フォロー&シェアしていただけるとうれしいです!!


また、「1分で読める書評ブログ」も運営していますので、興味があれば、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
ottaka18
ottaka18
二人の子どもを持つ共働きサラリーマンパパ。現在、小学生と保育園児の子育てに奮闘中です。 本ブログは、PhoneとPCでの情報管理、文章作成、タスク管理がメインテーマのブログです。WorkFlowy、 Evernote、たすくまなどのアプリを使って知的生産のある暮らし(新しい価値を生む暮らし)を目指しています。