ブログ開設・改造

WordPress「JIN」の記事下に定型文を自動で表示させカテゴリページには表示させないカスタマイズ

以前の記事で書いたとおり、WordPressのテーマを「Simplicity2」から「JIN」に変更しました。

WordPressの有料テーマ「JIN」を選んだたった1つの理由WordPressのテーマを有料テーマの「JIN」に変更しました。 これまでWordPressのテーマは、無料の「Simplicity...

「Simplicity2」のときは、記事下の定型文をプラグイン「Bottom of every post」を使って入れていました。

本ブログの記事下の定型文はこれです。

記事下

ただ、JINに変えたとき困ったことが起こりました。

「JIN」は「Simplicity2」とは違い、カテゴリーのページに以下の画像のように、自由に文章を入れることができます。これは便利な機能なのですが、 「bottom of every post」は、このカテゴリーのページにも定型文を入れてしまう仕様になっているのです。

カテゴリページ

記事のページだけに定型文を入れることはできないものか。

できました。

「bottom of every post」では、できないのですが、別のプラグインを使います。

PRyC WP」です。

このプラグインは、 記事前や記事下に定型文を自動で入れることができ、なおかつ特定の記事には定型文を非表示にする設定ができます。

設定方法を解説します。

プラグインをインストール後、有効化します。その後、WordPressの管理画面の「設定」から「PRyC WP: Add custom content」を選択します。

すると以下の画面になりますので、ブログの記事の記事上(Top content settings:) 記事下(Bottom content settings:)に自動で表示させたい定型文を入力します。(画像は記事下に定型文を入れる場合)

記事前 記事下

ちなみに、定型文を非表示にしたい記事がある場合は「Don’t show at post:」に非表示にする記事のIDをカンマ区切りで入力します。

非表示設定

記事IDは、WordPressの管理画面で該当の記事を開き、アドレスバーのURLのpost=○○に表示されている数字です。下の画像は記事IDは5383です。

IDの調べ方

また、固定ページにも定型文を表示させたい場合は、「Add to pages:」にチェックをいれます。

固定ページ

私は、記事下に定型文を表示させ、カテゴリーページには定型文を表示させたくなかったわけですが、 このプラグインでは、そもそもJINのカテゴリーページには定型文は表示されませんでした。

なので、プラグイン「PRyC WP」をインストール後、有効化するだけで、とくに非表示の設定は必要なかった、ということです。

なお、「PRyC WP」は、当然、JIN以外のWordPressテーマにも使えます。


以上です。

本記事は参考になりましたか?
もし、少しでも参考になったことがあれば、フォロー&シェアしていただけるとうれしいです!!


また、「1分で読める書評ブログ」も運営していますので、興味があれば、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
ottaka18
ottaka18
二人の子どもを持つ共働きサラリーマンパパ。現在、小学生と保育園児の子育てに奮闘中です。 本ブログは、PhoneとPCでの情報管理、文章作成、タスク管理がメインテーマのブログです。WorkFlowy、 Evernote、たすくまなどのアプリを使って知的生産のある暮らし(新しい価値を生む暮らし)を目指しています。