WordPressで「サーバーエラー」となったときに復活する方法

////参考になった内容があればシェアをお願いします////

photo credit: trunkhz12 via photopin (license)

photo credit: trunkhz12 via photopin (license)

Http teineini net wp admin の読み込みに失敗しました

血の気が引きました。
WordPressの管理画面を触っていたら、いきなりこの画面です。

スポンサーリンク

1. WordPressでサーバーエラーの画面が出た理由

WordPressの管理画面でSimplicityの子テーマをいじっていたのです。
「Feedly」でアイキャッチ画像が表示されないので、いろいろ調べていたら、「functions.php」にコードを追加すればできるとの情報を得ました。

そこで、喜び勇んで、Simplicityの子テーマの編集画面を開き(外観→テーマ編集)早速、「functions.php」を開きます。そこに、コードを追加。

▼これは追加する前の画面
テーマの編集 いつもていねいに WordPress と 無題 と WordPressで サーバーエラー となったときに復活する方法

そして、「ファイルを更新」を押しました。

よし、できた、と思ったら、この画面です。

Http teineini net wp admin の読み込みに失敗しました

血の気が引きました。

ホントに。しまったぁ、と叫びました。やっぱり素人がコードを触るんじゃない、と反省しました。IT初心者がここまでがんばってきたのに。とTHE ENDの悲壮感が出てきました。

そんなときに救いの手を差し伸べてくれたのがこのサイトでした。

参考 初心者でも分かる!ワードプレスのサーバーエラーから復活する方法 | アフィリエイト初心者でも稼げるネットビジネスブログ

このサイトでヒントをもらいなんとか復活することができました。

その手順を紹介します。ただ、私は、レンタルサーバーは「ロリポップ」を使っているので、その場合の復活方法ということになりますが、どこのサーバーを使っていようと原理は一緒だと思います。

2. WordPressでサーバーエラーが出たときに復活させる方法

復活させる方法は、簡単に言えば、WordPressの管理画面ではどうしようもなくなったので、元ファイルをサーバーから触って元に戻す、ということです。言ってみれば簡単なことなのですが、それに気づくか気づかないか、ということだと思います。

私はIT素人なので、まったくそんな発想はなく、前述したサイトにその発想をもらったのです。

さて手順です。

① 「ロリポップ」のユーザー専用画面を開きます。左のメニューの中から「WEBツール」の上にマウスポインタを起き「ロリポップ!FTP」をクリックします。

ロリポップ ユーザー専用ページ インフォメーション

② ここからは階層をもぐって「functions.php」を探します。私は、「wp」というフォルダにWordPressをインストールしていますので、そのフォルダから階層を下っていきます。

ロリポップ FTP

私の場合は、次のとおり、階層を下っていくと「functions.php」がありました。

wp/wp-content/themes/simplicity-child/functions.php

③ 「functions.php」の中身を元に戻します。私は、デフォルトの内容に追記をしただけなので、追記した分を全部消しました。

ロリポップ FTP

以上の手順で無事復活することができました。

3. おわりに

ホント焦りました。これもいい経験、いい勉強と言いたいところですが、それは復活したから言えるだけです。ホント復活して助かりました。

ただ、一番下に追記しただけだったので、コピーもとっていなかったので、今後は、もし、コードを追記する場合は必ずコピーを取ることにします。

もし、同じような状況になってしまった方がいましたら、この記事が少しでも役立てれば幸いです。


以上です。

本記事は参考になりましたか?
もし、少しでも参考になったことがあれば、フォロー&応援クリックをいただけるとうれしいです!!



にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ iPhoneへ
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ



スポンサーリンク

////参考になった内容があればシェアをお願いします////

////フォローはこちらから////