ブログ開設・改造

WordPressの「JIN」のSNSアイコンにシェア数を表示させるカスタマイズ

以前の記事で書いたとおり、WordPressのテーマを「Simplicity2」から「JIN」に変更しました。

WordPressの有料テーマ「JIN」を選んだたった1つの理由WordPressのテーマを有料テーマの「JIN」に変更しました。 これまでWordPressのテーマは、無料の「Simplicity...

JINは、「設定マニュアル」が大変わかりやすいので、基本的な設定はこれだけを見れば、まったく問題なくカスタマイズできます。

ただ、マニュアルには書いていないのですが、記事画面のSNSアイコンにシェア数を表示させたかったので、いろいろ調べてみました。

▼ここに表示されるシェア数のことです。

JINをお使いの方で、同様のニーズがあるかもしれないので方法を共有したいと思います。(JINに限定の方法ではありません。ほかにも対応できるテーマはあるかと思います。)

調べてみると設定方法は難しくありませんでした。

WordPressのプラグイン「SNS Count Cache | WordPress.org」を導入するだけでした。

プラグインをインストール後、有効化すると、WordPressの管理画面のメニューに「SNS Count Cache」が追加されますので、マウスをあわせると表示されるメニューの中から「設定」をクリックします。

「シェア基本キャッシュ機能」から表示させたい対象SNSにチェックを入れます。

私は、Twitter、Googleプラス、Pocketを使っているのでチェックを入れていますが、JINは、Twitter、facebook、はてなブックマーク、Pocketが対象なので、これらしか表示はされません。

「Twitter」にチェックを入れて設定を保存すると、Twitter APIの代替サービスを指定する設定画面が表示されます。私は「widgetoon.js & count.jsoon」を使用していますので、これを選択しました。

「widgetoon.js & count.jsoon」は、Twitterのシェア数を習得してくれる無料のWebサービスです。初めて使う場合は設定が必要になります。設定は以下のサイトがわかりやすいので参考にしてください。

widgetoon.js & count.jsoon を利用してTwitterのツイート数を復活させる方法 | ネタワン

これ以外の設定は、私はとくに触っていません。(ただ、ブログのhttps化したときに、httpのときからSNS数のシェア数を引き継ぐため「シェア基本キャッシュ機能」の中の「HTTPからHTTPSへのスキーム移行モード」を「有効」にしています。)

これでしばらくすると、SNSのアイコンにシェア数が表示されるようになります。

すぐには表示されませんので、しばらく経ってから表示を確認してみてください。


以上です。

本記事は参考になりましたか?
もし、少しでも参考になったことがあれば、フォロー&シェアしていただけるとうれしいです!!


また、「1分で読める書評ブログ」も運営していますので、興味があれば、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
ottaka18
ottaka18
二人の子どもを持つ共働きサラリーマンパパ。現在、小学生と保育園児の子育てに奮闘中です。 本ブログは、PhoneとPCでの情報管理、文章作成、タスク管理がメインテーマのブログです。WorkFlowy、 Evernote、たすくまなどのアプリを使って知的生産のある暮らし(新しい価値を生む暮らし)を目指しています。