Obsidian PR

Obsidianの隠しフォルダにアクセスする方法

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

このブログ「いつもていねいに」を書いている 小田やかた です。
プロフィール @ottaka18

Obsidianの設定ファイルは「隠しフォルダ」の中にあります。

「.Obsidian」など「.」で始まるフォルダですね。

Obsidianの見た目などをカスタマイズするには、ここにあるCSSスニペット(Obsidian-Style)をさわる必要があります。

よって隠しフォルダを表示させなければいけません。

Macの場合、隠しフォルダを表示させるには、

「Finder」で「command」+「shift」+「.」 を押すだけです。

ただ、iPadとiPhoneでは、通常、隠しフォルダを表示できません。

そこで、私は以下の記事を参考にして隠しフォルダを表示させて設定ファイルをアレンジすることにしました。

上記の記事のとおり「Owlfiles」を使います。

Owlfiles – File Manager 13.1
分類: ユーティリティ,仕事効率化
価格: 無料 (Skyjos Co., Ltd.)

このアプリは、フォルダ2つまでの接続なら無料で使えます。それ以上は課金が必要です。

手順を説明します。

アプリを起動したら「もっと」を押します。

「設定」を押します。

「ファイルマネージャー」を押します。

「隠しファイルを表示」をオンにします。

「新しい接続」を押します。

「外部の場所」を押します。

Obsidianのフォルダを押します。

これで隠しフォルダが表示されます。

CSSスニペットなど設定ファイルは、このアプリ内で修正することができますので、Macがなくても iPhoneやiPadだけで Obsidianのカスタマイズが可能です。

本ブログでは他にもObsidianの記事をたくさん書いていますので、ご興味があれば、以下のリンクからご覧ください。

この記事は以上です。

もし、少しでも参考になった内容があれば、下の「いいね」ボタンを押してください。励みになります!

小田やかた
小田やかた
このブログの更新情報や、iPhone・iPadを活用した効率的なインプット・アウトプットの方法をツイッターで発信しています。ぜひフォローしてください。

今すぐFollow!

小田やかた を

このブログには、iPhone・iPad・Apple Watch、アプリ、Kindle出版、ブログ運営などに関する記事があります。カテゴリーページや下にある「関連記事」を、ぜひご覧ください。

ABOUT ME
アバター画像
小田やかた
ブロガー&Kindle作家。二人の子どもを持つ共働きサラリーマンです。(プロフィールの詳細)iPhone・iPadアプリを活用した効率的なインプットとアウトプットの方法を発信しています。
関連記事