子どもはいつまでサンタクロースを信じるのか?我が家の「サンタクロースの幕引き」を考える

////参考になった内容があればシェアをお願いします////

「なーんだ、サンタクロースってお父さんだったのか」

小学校1年生の息子は、まだ、サンタクロースを信じています。でも、そのうちこうやって言われて、終わってしまうのかもしれません。

それを考えると、なんだか味気なさを感じます。

もっと味のある終わり方ってないものだろうか、と思いませんか。というわけで、少し考えてみました。

スポンサーリンク

1. 小学生になったからサンタクロースはお父さんになる

こういうのはどうでしょうか。息子がサンタクロースを信じている今のうちに。

「もう、小学校1年生になってお兄ちゃんになったから、サンタクロースは来ないよ。代わりにお父さんがサンタクロースになってプレゼントを買ってあげるよ。」

こんな投げかけをしてみたらどうなるでしょうか。

息子はサンタクロースを信じながら、小学校1年生になったタイミングでサンタクロースはお父さんになるというわけです。

少しは味があるんじゃないかな、と思うのですが、どうでしょうか。

2. サンタクロースに疑問を抱いたら来なくなる

もうひとつ、こんなのはどうでしょうか。

疑問を持った時点でサンタクロースは来なくなるというものです。

具体的にはこうです。息子が、

「サンタクロースってお父さんなんでしょ」と言ったら、「あーあ、サンタクロースを信じていないんだったら、サンタクロースはもう来なくなるんだよ」と言うのです。
少し、味気ないでしょうか。

3. おわりに

もうすぐ、クリスマス。
どうやって、息子はサンタクロースの正体を知ることになるのか。はたまた今年も信じたままなのか。

そして、親としてサンタクロースの幕引きをどう考えるのか。

もうちょっと考えてみたいと思います。

ロマンチックで味がある幕引きにしたいものですが。


以上です。

本記事は参考になりましたか?
もし、少しでも参考になったことがあれば、フォロー&応援クリックをいただけるとうれしいです!!



にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ iPhoneへ
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ



スポンサーリンク

////参考になった内容があればシェアをお願いします////

////フォローはこちらから////