タスクの順番に気を遣うと仕事に「勢い」が出る

////参考になった内容があればシェアをお願いします////

アイキャッチ

最近、改めてタスクの順番が、その日の「仕事の勢い」に影響することを実感しています。

というのは、近頃、仕事が立て込んできて、量は増えるは、質的にも難しいものが増えるは、という状況です。やりたくないタスクや気が乗らないタスクも増えてきました。

そんな状況だからこそ「タスク管理」が重要だと思い、日頃、仕事のタスク管理で愛用している「TaskChuteCloud」で、特に、タスクの並び順にいつも以上に気を遣うようにしています。

introductions_banner

すると、仕事に勢いがついてきました。

タスクの並び順を整えたら、あとは何も考えず、とにかく上から順番にこなすことだけを考える。その1点に神経を集中させる。

そうすると、以前、以下の記事にしたように安心感につながります。それだけではありません。

TaskChuteCloudの「上から順番にタスクを実行するだけ」という安心感

繰り返しますが、タスクをこなす「勢い」が出てくるのです。

タスクの順番に気を遣ったからといって、やりたくないとか、気が乗らないとか、そういう気持ちが消えるわけではありません。

でも、タスクの実行に取りかかる前に、1日のタスクの順番をある程度厳密に考えてから並び替え、その日すべてのタスクを終える終了予定時刻を確認してから実行に移す

そうすれば「この順番でタスクをこなせば大丈夫だ」という安心感が得られ、とにかく上から順番にタスクを実行して完了にしていくことに夢中になり、仕事に勢いが出てくるのです。

それが結果的に、やりたくないとか、気が乗らないという気持ちが表出しにくくなります。

なんとなく順番を整えただけだと、上から順番にタスクをこなしつつも、「これは、気が乗らないから後回しにしよう」とか、「これはやりたくないなぁ、明日にしよう」とか、いろいろな雑念が湧いてきて、結果的に後回しにしてしまうことが出てきてしまいます。

気分でタスクを後回しにすることがいけないわけではありませんが、気分だけでタスクの順番を決めてしまうと、やりたくない仕事はどんどん後ろにいってしまいます。

そうではなくて、その日の気分も含めて効率的にこなせる順番を考え、並び替えた上で、あとは無心で実行していくことが重要だと思います。

私は、前日に次の日のタスクを洗い出し、並び順を考え、それを当日の朝に再度確認し、あとはとにかく上から順番こなしていきます。

昼休憩が終わるとすぐに、もう一度、午後のタスクの順番を見直します。

もちろん、割り込みタスクが発生したり、状況が変わり後で実行した方がよくなったりなど、必ずしも上から順番に実行できるわけではありません。

しかし、基本的には、朝と午後に順番を整えたら、あとは無心に上から順番にこなしていく、という姿勢をもつようにしています。

最近、タスクの順番に気を遣うことで仕事に勢いが出ることを実感したので、よりそういう姿勢を持つようになりました。

その点、「TaskChuteCloud」は、ドラッグやショートカットキーでタスクの順番を簡単に変えることができるし、その日のすべてのタスクを終える終了予定時刻がわかるので、これらの機能は重宝しています。

『はじめてでもわかる「TaskChuteCloud」の使い方』の目次
TaskChuteCloudのショートカットキー一覧(2016年9月)

introductions_banner


以上です。

本記事は参考になりましたか?
もし、少しでも参考になったことがあれば、フォロー&応援クリックをいただけるとうれしいです!!



にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ iPhoneへ
にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ



スポンサーリンク

////参考になった内容があればシェアをお願いします////

////フォローはこちらから////

スポンサーリンク